マネーサプライ統計


マネーサプライ統計とは日本銀行から世の中の、いわゆる経済活動全体に対して、
通貨を供給している量を表す統計だったのですが
郵政の民営化や金融自由化による様々に開発、発展した金融派生商品などによる、
状況の大きな変化に統計自体をマッチさせるため、
従来の統計法を再構築して、統計を行う対象や指標の定めたルールを変更し、
2008年6月からマネーストック統計という名前に変更しました。

gf1120107985w
そのマネーストック統計には、M1、M2、M3、広義流動性、という4種類の指標があります。
M1とは、現金通貨と預金通貨(普通預金・当座預金)の合計です。
M2とは、M1に加えて準通貨(定期預金や外貨預金)の合計です。
M3とは、M2に加えてCD(譲渡性預金)の合計です。

 

広義流動性は、M3に加えて、金銭の信託、投資信託、金融債、銀行発行普通社債、
金融機関発行CP、国債、外債の合計です。

 
日銀は、これらの指標を利用して、景気や経済など様々な要因を考慮しつつ、通貨の供給量を決定します。
通常、通貨の供給量と景気動向には密接な関係性があるとされていて、
通貨の供給量が増えてインフレーションが危惧されるケースでは金利を引き上げ、
通貨の供給量が減って景気の腰折れが懸念されるケースでは金利を引き下げます。

コメントは受け付けていません。